您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语资料 > > 正文

日语阅读:桃太郎

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-05

日本童话:桃太郎

昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。
  ある日、おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に出かけました。すると川の上の方から、大きな桃が流れて来ました。おばあさんは喜んでその桃を拾い上げると、家に持ち帰りました。そしておじいさんが帰ると二人で桃を切って食べようとしました。すると桃の中から小さな男の子が飛び出してきました。
  二人はこの子を育てることにし、桃の中から生まれたので、「桃太郎」と名付けました。
  やがて、桃太郎が大きくなった頃、村には鬼が出て人々を困らせていました。すると桃太郎が 「おじいさん、おばあさん、私は鬼を退治しようと思います。鬼の住んでいる鬼ヶ島まで行って退治してきますので、お弁当にキビダンゴを作ってくれませんか?」と言いました。
  おじいさんとおばあさんは驚いて止めましたが、桃太郎の気持ちは変わりませんでした。そこで桃太郎の言うとおり、キビダンゴを作って持たせてあげました。 
  桃太郎が鬼ヶ島への道を歩いていると、犬が一匹やってきて、桃太郎に言いました。
  「桃太郎さん、お腰につけたキビダンゴ、ひとつ私に下さいな」 すると桃太郎は答えました。
  「あげてもいいが、私は今から鬼の征伐に行くところだ。付いてくるならあげよう」 すると犬は「鬼の征伐ですね。いきましょう、いきましょう」 と言って、桃太郎の家来になって付いていくことにし、キビダンゴをもらいました。
  桃太郎が犬を連れて鬼ヶ島への道を歩いていると、猿(さる)が一匹やってきて、桃太郎に言いました。
  「桃太郎さん、お腰につけたキビダンゴ、ひとつ私に下さいな」 すると桃太郎は答えました。
  「あげてもいいが、私は今から鬼の征伐に行くところだ。付いてくるならあげよう」 すると猿は「鬼の征伐ですね。いきましょう、いきましょう」 と言って、桃太郎の家来になって付いていくことにし、キビダンゴをもらいました。
  桃太郎が犬と猿を連れて鬼ヶ島への道を歩いていると、雉(きじ)が一羽やってきて、桃太郎に言いました。 「桃太郎さん、お腰につけたキビダンゴ、ひとつ私に下さいな」 すると桃太郎は答えました。
  「あげてもいいが、私は今から鬼の征伐に行くところだ。付いてくるならあげよう」 すると雉は「鬼の征伐ですね。いきましょう、いきましょう」 と言って、桃太郎の家来になって付いていくことにし、キビダンゴをもらいました。
  桃太郎は犬と猿と雉を連れて鬼ヶ島に乗り込みました。
  まず雉が空から鬼の城の門の中に入り、かんぬきをあけました。
  そこへ桃太郎?犬?猿が飛び込みました。
  鬼も抵抗しましたが、4人もがんばりました。
  犬が鬼に噛みつきます。
  猿が鬼をひっかきます。
  雉が鬼をつっつこます。
  そして桃太郎は剣で戦って、とうとう鬼の大将を降参させてしまいました。
  鬼は今まで村々から奪った宝物を桃太郎たちに差しだし、もう二度と乱暴を働かないと誓いました。
  桃太郎たちはもらった宝を荷車につみ、村に持ち帰ってみんなで分けて、仲良く暮らしました。

单词注释:

洗濯(せんたく)                           洗衣服
どんぶらこっこすっこっこと                 连滚带翻地的样子
包丁(ほうちょう)                         菜刀
ぽんと                  一下子
割れる(われる)              裂开,破裂
名前を付ける               起名字
鬼が島(おにがしま)            鬼岛
退治(たいじ)               消灭,惩办 
気をつける                                 小心,注意
お弁当(べんとう)             便当,盒饭
黍団子(きびだんこ)                       黍子面团子
出かける(でかける)            出去,出门,要出去
腰(こし)                                 腰,腰部
お供(おとも)                            陪同,作伴
家来(けらい)               随从,家臣,臣下
雉(きじ)                                 野鸡,山鸡
目指す(めざす)                           以…为目标
つつく                   啄,戳
驚く(おどろく)                           吃惊,惊奇
隙(すき)                                 间隙,空当儿
勇む(いさむ)               奋勇,抖擞精神,踊跃
噛みつく(かみつく)            咬,咬住
引っかく(ひっかく)                       挠,搔
降参する(こうさん)                       投降,折服
大将(たいしょう)                         头头,大将
戦う(たたかう)              战斗,打仗
かなう                   敌得过,比得上
押さえる(おさえる)            压,按,摁      
宝物(たからもの)                         宝物
残る(のこる)               留,留下,剩余,剩下
許す(ゆるす)                             原谅,准许
積む(つむ)                               装载,积累
向かう(むかう)              向,朝
怪我(けが)                               受伤

日文语法注释:
1.おばあさんは、桃を家に持って帰ると、包丁で切ろうとしました。/老婆婆把桃子拿回家后,想用菜刀把它切开。
动词的未然形“(よ)う”后续“とする”,相当于中的“想要……”“将要”。
当主体是人或者动物的时,表示主体的意志行为;当主体是事物时,表示主体即将出现的
某种情况。
△こどもはいろいろなことを知ろうとする。/孩子们想知道各种各样的事情。
△夜が明けようとするころ、やっと仕事が終わった。/天将要亮时工作才好不容易结束。
2.わたしは、これから鬼(おに)が島(しま)に行って、鬼を退治(たいじ)してまいります。/我要去鬼岛惩治恶鬼。
“鬼が島”中的“が”表示所有、所属关系,该用法是古典日语语法的残存,在现代日语
中多用在一些惯用的表达方式中。
△我が国/我国
△これがために/因此
3.桃太郎さん、桃太郎さん、どちらにお出かけですか?/桃太郎、桃太郎,您去哪里?
“お+动词连用形+です”是敬语构词法的一种,表示对对方或者话题人物的尊敬。当动
词是“サ变动词”时,要使用“ご・サ变动词词干+です”的形式。
△先生、今お帰りですか。/老师,您现在回去吗?
△張先生はご在宅ですか。/张老师在家吗?
4.鬼が島に鬼(おに)退治に。/我去鬼岛惩治恶鬼。
该句句末省略掉了趋向动词“行く”,句中的两个“に”用法不同。第一个“に”表示动作的着落点,相当于“へ”。第二个“に”表示动作行为的目的。
△店に買い物に/去商店买东西。
△教室に勉強に/去教室学习。

[1]  



最新文章
热门文章