您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语语法 > > 正文

应答词はい是怎么来的

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-27

答词はい是怎么来的?

「はい」は、どうして「ハイ」なの?


 “はい(是、好)”为什么是“ハイ”呢?

【注】はい具体中文释义:1)唉,有,到,是;2)喂,好;3)驱马声。

<例>


①「これは本ですか」
「はい、これは本です」の「はい」


“这是书吗”
“是的,这是书”中的“はい”


②「おまえがやったのか」
「はい、そうです」の「はい」


“是你这家伙做的么”
“嗯,是的”中的“はい”


③「はい、こちらを向いて」の「はい」
④「そう思いますが、はい」の「はい」
⑤「わかるひとは手を上げて」 「はーい、はーい」の「はーい」


“来,看这边”中的“はい”
“我是这么觉得的,对”中的“はい”
“知道的人请举手”“我~我~”中的“はーい”


⑥以前、料亭などで、手を叩くと、遠くの方から「はーーいー」という仲居さんの返事の「はーい」


以前在高级料理店等地方,只要拍拍手,远处就会传来女店员的回声,“来啦~”。


⑦これも最近聞かなくなったものに、馬を進ませる時止める時の「はい、どうどう」の「はい」


还有最近没怎么听到的“はい”——驱马前进或让马停下来时说的“驾,驾驾”。


このように「はい」は色々な使われ方をしています。「広辞苑」によると「はい」は感動詞で、あらたまって、または承諾の意を表して応答する語。注意をうながす語。ややへり下ったり、言葉を確かめる気持ちを言葉の末尾に添える語など等とあります。


像这样,“はい”的用法多种多样。据《广辞苑》记载,“はい”是感叹词,可以作为应答词使用,表示郑重、或者承诺之意(如例②);也可以用来促使他人注意(如例③);还可以加在词尾用于确认自己的发言,说时语气略微谦逊(如例④),等等。


ところで、この「はい」という肯定・応諾の意志を表示する会話語はどこから来ているのでしょうか。


可是,“はい”这个表示肯定•应允的会话用语是从哪儿来的呢?

 


これも「広辞苑」によると、「唯(い)」とあります。そう言えば、唯諾・唯唯諾諾・諾唯などの熟語がありますが、これらはみな承諾順応の意志を表す語、つまり漢字なんですね。そうです。「はい」の語源は漢字の「唯(い)」からきているらしいんです。


关于这点《广辞苑》上也有记载,来源是个“唯(い)”字。这么一说,确实有“唯諾(いだく)”、“唯唯諾諾(いいだくだく)”、 “諾唯(だくい)”等相关熟语,这些词、也就是汉字,都有应允、顺应之意呢。没错,据说“はい”就是来源于汉字中的“唯(い)”字的。


では「はい」の「い」は「唯(い)」であっても、「はい」の「は」は何でしょうか。


那么,“はい”这个词中的“い”指的是“唯(い)”字的话,前面的“は”又是怎么回事呢?


一説によれば、この「は」は接頭語だというのです。「い」だけだと、相手に余りにもそっけなく、失礼だという感じから、「は」と言う接頭語をつけて、「はい」と2音節にして丁寧語にしたのだそうです。


有种说法是,这个“は”其实是个接头词。只有一个“い”的话,给人感觉过于冷淡、无礼,所以才加上了接头词“は”,组成了“はい”这个双音节敬语。


近頃、「はい」の言えない人が増えてきました。何か聞かれたら、気持ちよく「はい」と返事をしたいものですね。


近来,不会说“はい”的人是越来越多了。被人家问道什么事时,还是希望能痛快地回答一句“はい”啊。

<补充>


現在では「はい」と「いいえ」が、応諾と拒否を表すもっとも一般的な言い回しになっている。


如今“はい”和“いいえ”已经成为表示应允和拒绝时最普通的表达了。


「はい」の語源は極めて説明し辛い。正反対の二説があるからだ。「拝」が「はい」という丁寧な答えの言葉になったとする説は分かり易い。しかし、中世から江戸時代前半にかけて「はい」と同じ場面で「あい」や「えい」の語が遣われている。それらは、今日の「ああ」「ええ」といったぞんざいな返事に共通する。「あい」「えい」といった気が乗らない受け答えが訛って「はい」になったともとれる。


关于“はい”的语源,解说起来很是困难,因为有完全相反的两种说法。其中一说是,“はい”这个礼貌应答用语来源于“拝(拜、敬启)”这个字,这说法比较好理解。不过,从中世时期到江户中期前,和“はい”有着相同作用的“あい”及“えい”也被人们所使用。它们就如今天的“ああ”“ええ”一样,表示草率回应。也可以这么理解,“あい”、“えい”这些个情绪不高的回应讹化后变成了“はい”。


「はい」の成立は江戸時代だが「いいえ」は古代語に由来する。「いな」が訛って「いえ」になり、それが更に「いいえ」になった。拒否を表す古代語の「いな」には、ふつう「否」の字があてられる。


“はい”是在江户时期出现的,而“いいえ”这个说法则来自于古语。“いな”讹化后变成“いえ”,之后继续演变成了“いいえ”。一般来说,表达拒绝之意的古语词“いな”会用“否”这个字来表示。

(歴史から生まれた日常語の由来辞典•東京堂出版•武光誠著)

没有相关文章