您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语语法 > > 正文

日语近义词辨析:たいてい(大抵)/だいたい(大体)

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-08
たいてい(大抵)/だいたい(大体)共通する意味:

  差不多,大致,大约

  使い方の例:

  「たいてい(大抵)」:あの人はたいてい九時ごろ来ます。八時ごろの時もありますが。<那个人一般九点左右过来,也有时候八点左右。>
  「だいたい(大体)」:大体のご説明はすでに係りの者がいたしました。<主管人员已经做了大致的说明。>

  それぞれの意味と使い分け:

  (1)「たいてい」:“習慣的なことについてその頻度、割合、確率が高い、普通は”。表示一般倾向,趋势。指多次反复的行为或状态。用于表示习惯性行为的句子中,表示发生这种事情的频度和概率很高。但表示对将来的事情进行推测时不能使用。比如不能说“今晩は大抵七時には変えるでしょう。”有时也可以用“たいていは”“たいていの場合(は)(作为副词使用)”,另外还可以使用“たいていの人”“大抵の町”等“たいていのN(名詞)”的形式,表示概率很高,可以与“大部分のN(名詞)”替换。

  (2)「だいたい」:表示主要的大部分,指除去细枝末节的大部分,且所述的大部分也并非是无差别的。另外,也用于表示动作或者作用的完成程度。是客观性的表述,不含特定的感情色彩。

  在表示习惯时不能用“だいたい”,表示具体的数量,完成程度时不能用“たいてい”,但是在表示“百分比”“比例”时可以互相替换。

  最も適当なものを選びなさい:

  1.私は朝食は____パンです。
  A.たいてい B.だいたい

  2.これで仕事は____終わりました。 
  A.たいてい B.だいたい

  答案:1 A 2 B