您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语阅读 > > 正文

中国音乐家盛中国

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-29

盛中国 :世界音楽界の権威者に傑出な『音楽演奏大師』、『最も魅力的なバイオリニスト』、『中国のメニューイン』と評価された中国のバイオリニスト。

  中国交響楽団国家級バイオリニスト。国際音楽界で注目を集めた中国のバイオリニスト。

盛中国は音楽家庭に生れ、お父さんの盛雪は中国で有名なバイオリン教授で、お母さんの朱氷は声楽に従事していた。盛中国は10人の兄弟を持ち、兄弟10人はいずれも音楽と関係のある仕事に携わり、そのうち、9人がバイオリニスト。長男である盛中国は1941年に生れ、お父さんの中国が盛大になる願いによって名付けられた。

盛中国は5歳からお父さんにバイオリンを習い始め、7歳から舞台に上がって演奏していた。9歳の時、武漢ラジオ局は盛中国の音楽番組を放送し、リスナーは彼の素敵な音楽に魅了され、彼を『天才の琴童』と呼んだ。1954年、優れた成績で中央音楽学院附属中学校に受かり、1956年、モーツァルト生誕200周年の記念コンサートで李徳倫の指揮した楽団と共に、モーツァルトの『A調バイオリン協奏曲』を演奏し、好評を受けた。同じ年、盛中国は全国音楽週で中央音楽学院のオーケストラと共に、馬思聡の『F調バイオリン協奏曲』を演奏し、音楽界の注目を集めた。

1960年、盛中国はモスクワのチャイコフスキー音楽学院へ留学し、世界でも有名なバイオリニストのレオニド・コガンにバイオリンを勉強し、チャイコフスキー国際バイオリンコンテストで栄誉賞を獲得した。盛中国は新中国が世界的音楽コンテストで入賞した初めてのバイオリニストだった。1963年、上海交響楽団と協力して『協奏曲コンサート』を行った。これは中国バイオリン演奏史上初めてのことだった。

1964年、帰国した盛中国は国内の音楽界で活躍しつつあった。文化大革命の10年間、彼はコンサートを行なわなかったものの、音楽への追求は一時も絶えなかった。1976年、彼は世界で100回以上のコンサートを行い、最も人気のあるバイオリニストになった。

80年代、盛中国は世界各国で巡回演奏を行った。1980年にオーストラリアの六つの都市で12回のコンサートを行い、オーストラリアを沸騰させ、中国とオーストラリアの文化交流史上の一里塚となった。

1987年から、盛中国は毎年のように日本でコンサートを行い、出演料の一部を世界各国の留学生基金に寄付し、日本政府から『文化大使』という称号を授けられた。盛中国が中日文化交流での貢献を表彰するため、1999年、日本政府は彼に外務大臣表彰賞を授けた。

盛中国はよく外国へ演奏に出るため、彼の演奏活動は世界文化の交流に大きく寄与した。これと同時に、彼は常に国内の各大学で講演を行い、中国音楽事業の発展に積極的に働きかけている。

今、盛中国は中国全国政治協商会議委員、民主同盟中央委員、中国音楽家協会理事、中国交響楽発展基金理事、演出芸術委員会委員などを勤めている。

没有相关文章