您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语阅读 > > 正文

中日谚语

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-11-28

中日谚语之间的关系大致分成两种:
1,直接把中国的谚语翻译成日文。如:
"百闻不如一见"----「百聞は一見に如かず」
(ひゃくぶんはいっけん にしかず)
2, 中日两国的谚语各不相同,但其含义相同。如:
"歪打正着"----「怪我の功名」(けがのこうみょう)
对第一类不必做任何解释,而对第二类,则有时要进行必要的说明。还有一些很难找到合适的对应谚语,但它有特别之处,也适当地进行介绍。
第一类:"青出于蓝而胜于蓝"----「青は藍より出でて藍より青し」
(あおはあいよりいでてあいよりあおし)

第二类:"垂头丧气"----「青菜に塩」(あおなにしお)

第一类:"光阴似箭"---「光陰矢の如し」
(こういんやのごとし)

"一年之计在于春"---「一年の計は元旦にあり」
(いちねんのけいはがんたんにあり)

"滴水穿石"---「雨だれ石を穿つ」
(あまだれいしをうがつ)

第二类:"功到自然成"---「石の上にも三年]
(いしのうえにもさんねん)

"满瓶不响,半瓶叮当"---「空き樽は音高し」
(あきだるはおとたかし)

"火烧眉毛"---「足下に火がつく」
(あしもとにひがつく)

第一类:
"只知其一,不知其二。"------「一を知り二を知らず」
(いちをしりてにをしらず)
"一叶落知天下秋。" ------ 「 一葉落ちて天 下の秋を知る」
(いちようおちててんかのあきをしる)
"一年之计在于春" ------ 「 一年の計は元旦にあり」
(いちねんのけいはがんたんにあり)

第二类:
"马后炮"------「後の祭り」(あとのまつり)"事后搞庆祝活动"

"八九不离十"------「当たらずといえども遠からず」
(あたらずともいえどもとおからず)
注:「当たる」是"说准了",它的否定是「当たらず」;「とも言えども」是"虽然说是";「遠からず」是"远"的否定,这是古语说法,和「遠くない」相同。整个意思是说"虽然没有说准,但也离得不太远。"

"昙花一现"------「朝顔の花一時」(あさがおのはないちじ)
注:「朝顔」是"牵牛花"又称"喇叭花",夏天早晨花开得很好看,但是太阳出来后很快就蔫掉; 「一時」有两个解释:1是一点钟,2是暂时, 在这里用2。整个意思是说"牵牛花开花虽然很好看,但很快就蔫掉了。"表示是"短暂的美"。

第一类:
"岁月不待人"----「歳月人を待たず」
(さいげつひとをまたず)

"养子方知父母恩"----「子をもって知る親の恩」
(こをもってしるおやのおん)

"知子莫若父"----「子を知ること父に如くはなく」
(こをしることちちにしくはなく)

第二类:
"未雨绸缪"----「転ばぬ先の杖」
(ころばぬさきのつえ)

"聪明反被聪明误"----「策士策に溺れる」
(さくしさくにおぼれる)

"多一事不如少一事"----「触らぬ神に祟りなし」
(さわらぬかみにたたりなし)


第一类:
"千里之堤溃于蚁穴"----「千里の堤も蟻の穴から。」
(せんりのつつみもありのあなから)

"条条道路通罗马"----「すべての道はローマに通ず。」
(すべてのみちはローマにつうず)

"脍炙人口"----「人口に膾炙する」
(じんこうにかいしゃする)

"笑里藏刀"----「笑中に刀あり」
(しょうちゅうにとうあり)

第二类:"久居则安"----「住めば都」(すめばみやこ)
[解释]:中的 「都(みやこ)」是都城、京城,也是最好的地方。说人在一个地方住长了,有了感情,再差的地方也当成了京城。

"天无绝人之路"----「捨てる神あれば助ける神あり」
(すてるかみあればたすけるかみあり)
[解释]:天上的神很多,有的神不救你,有的神会救你,不是所有的神都不救你。

"英雄出少年"----「栴檀は双葉より芳し」
(せんだんはふたばよりかんばし)
[解释]:「栴檀(せんだん)」是指"白檀",「双葉(ふたば)」是刚刚发芽时的两片叶。是说檀木刚刚发芽就散发香气,表示英雄人物从少年时就出众。

"宰鸡焉用牛刀"----「大根を正宗で切るなかれ」
(だいこんをまさむねできるなかれ)
[解释]:「大根(だいこん)」是萝卜,「正宗(まさむね)」是日本传统的武士用的名刀,「なかれ」是"不要……做"。意思是说切萝卜不必使用高级的武士配刀。

第一类:"前门拒虎,后门进狼。"----「前門の虎、後門の狼。」
(ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ。)

"千里之行,始于足下。"----「千里の道も一歩より起こる。」
(せんりのみちもいっぽよりおこる。)

"笑里藏刀。"----「笑中に刀あり」
(しょうちゅうにとうあり。)

第二类: "微乎其微。"----「雀の涙。」(すずめのなみだ。)
解释:麻雀本身就很小,其眼泪就更少了。

"可望而不可及。"----「高嶺の花。」(たかねのはな。)
解释:高岭上的花,开得很好看,但是只能看见而够不着。

"口若悬河。"----「立て板に水。」(たていたにみず。)
解释:在立着的板上浇水,很快就流下去。形容说话非常流利。

 

[1]    






  • 上一篇:日本七夕节