您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语入门 > > 正文

新编日语第四册第一课交際

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-27

新编第四册第一课交際
本文  日本人は引っ越しをした時、ちょっとしたものを持って、近所の人に挨拶に行きます。例えば、「引っ越しそば」といって、そばを配ったりします。それは「そばにまいりました。どうぞよろしく」という意味からです。
  結婚 出産 入学 成人などのお祝いや、病気 火事などのお見舞いに、親しい人には品物やお金を贈ります。また、「お盆」の前と年末、いつもお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて物を贈ります。
  昔はうれしい時、悲しい時、よく集まって一緒に食事をしました。そうして、喜びを分かち合い、悲しんでいる人を励ましたのです。食べ物を贈る習慣もここから生まれてきました。
  今でも一緒に飲んだり食べたりすることを日本人はとても大切にします。サラリーマンは仕事が終わってから、会社の人と一緒によくお酒を飲みに行きます。また、政治やビジネスの世界でも、公式の会議をする前に、相手を食事に招待することがよくあります。食べたり飲んだりしながら生活や仕事の上での苦労を話し合うと、会議がやりやすくなるからです。
  手紙も日本人の生活の中で大切な役割を果たしています。七月とお正月には特別用事がなくても、親しい人、お世話になった人に葉書を出します。七月は梅雨が明け、暑い夏に入る時なので、「大変暑いですが、お元気ですか」という葉書を出します。これを「暑中見舞い」といいます。また、お正月には、新しい年を祝う「年賀状」を出します。郵便局では、暑中見舞い 年賀状用の特別の葉書が売り出されます。
  日本人はさまざまな共通点を通して、強い集団意識で結ばれています。例えば、同じ学校を出た、同じ地方で生まれた、同じ世代であるといったつながりです。そして、いろいろな機会に、一緒に食事をしたり、贈物や手紙のやりとりをして、人間関係の「和」を保っているのです。

会話

アパート

目黒駅 五分
六畳、四点五畳、D点K四点五畳
水洗、風呂付
賃 四五〇〇〇円、共 二〇〇〇円
礼2 敷1

(不動産屋の前で、物件の張り紙を見ながら、李さんが、友人の鈴木さんと相談しています。)
李 :鈴木さん、これは、どう読めんですか。
鈴木:これはね、目黒駅から歩いて五分、六畳と四畳半の部屋、D Kっていうのは、ダイニングキッチン、台所と食堂が一緒になった部屋ですね。
李 :「水洗」っていうのは、トイレのことですね。「共二〇〇〇円」というのは?
鈴木:共益費ですよ。廊下の電気代なんかに使うんです。
李 :はあ、いわゆる2DKですね。
鈴木:そうですね。2DK、バス、トイレ付きで、四万五千円か。この辺じゃ、安いほうかもしれませんね。
李 :この「礼2」と「敷1」というのは。
鈴木:あ、「礼」は礼金で「敷」は敷金のことですよ。すなわち、不動産屋にお礼として二か月分の家賃九万円を払い、大家さんに敷金として一か月分の家賃四万五千円を払うということなんです。敷金は後で返ってきますけどね。
李 :ここだと、四か月分の家賃に共益費で、ええと、十八万二千円か、大変ですね。
(引っ越しが終わりました。李さんが、隣の家に引っ越しの挨拶に行きます。)
李 :御免ください。
佐藤:はい、どなたですか。
李 :あのう、わたし、今度隣に引っ越してきた李という者ですが…。初めまして。
佐藤:初めまして。
李 :これから、いろいろお世話になると思いますが、どうぞ、よろしくお願い致します。
佐藤:こちらこそ、よろしくお願いします。
李 :わたしは、最近、中国からきたばかりで、まだ日本語がよくできません。よろしくお願いします。
佐藤:どうぞ、困ったことがあったら、何でもおっしゃってください。
李 :はい、ありがとうございます。これはつまらないものですが、どうぞ。
佐藤:ご丁寧にありがとうございます。

佐藤:御免ください。
李 :はい。
佐藤:わずかばかりですが、このりんご、田舎から送ってきたものです。どうぞ、召し上がってみてください。
李 :そうなお心遣いをしていただいて、どうもすみません。

応用文

年賀状
(一般的なもの)
A 新年のお慶びを申し上げます
    ご家族皆々様のご多幸をお祈りいたします。
B あけましておめでとうございます
    この年の幸多きことをお祈り申し上げます。私も無事越年いたしました。日頃何かとお世話ばかりいただいておりますが、今年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

(先輩や上役へ)
A 謹んで新年のご祝詞を申し上げます
    旧年中は一方ならぬご厚情をいただき、厚く御礼申し上げます。今年も旧に倍してご指導を賜りますようお願い申し上げます。
B 謹んで新年のご挨拶を申し上げます
    皆々様にはご機嫌うるわしく、よいお年をお迎えのこととお慶び申し上げます。とかくご無沙汰をつづけ、まことに申し訳ございません。私ども一同も無事越年することができました。これもひとえに平素のご厚情のたまものと深く感謝いたしております。どうぞ本年もよろしくご指導とご鞭撻のほど切にお願い申し上げます。

(友人や同輩へ)
A 新年おめでとう
    元気でよいお正月をお迎えでしょう。私もおかげで無事越年。お互いにまた一つ歳を重ねたわけです。今年もさらに希望を燃やして頑張りましょう。ご健康とお幸せを祈ります。
B 明けましておめでとう
  素晴らしい初春をお迎えのことと思います。お互い近くに住みながら、とうとう昨年は一度もお逢いできぬままでした。年賀状だけの間柄などと言いますが、そのような仲にはなりたくありません。今年は三度も四度もお逢いして、楽しいお話を聞かせていただきたいと思っています。
  末筆ながらお家の皆様によろしく。

(恩師へ)
新年おめでとうございます
  先生はじめご家族の皆様おそろいで、よい新年をお迎えのことと存じ、心からお喜び申し上げます。私もお蔭さまで上京後初の正月を無事に迎えることができました。
  学校を出て実社会に入りましたものの、世事にうとく、初めは途方に暮れたこともありましたが、今はどうやら人並みに実務が処理できるようになりました。先生のご教導を忘れず、明るく朗らかに勤めに励んでおります。今年も先生のお教えを守って元気に働くとともに、社会の勉強をより広くしたいと存じます。なにとぞ今後ともいろいろとご指導くださいますようお願い申し上げます。
  まずは年始のご挨拶かたがたお願いまで。

(遅れて出す場合)
新年おめでとうございます
  早々とご丁寧な年賀状をいただき恐縮に存じます。皆々様には健やかに初春をお迎えのよし心からお喜び申し上げます。
  年頭のご挨拶をかねて謹んで御礼申し上げます。
           一月三日

ファンクション用語

なぐさめる

A (録音)ああ、まただめだった。こんどこそうまくいくと思ったんだけど。
B ま、そういう時もあるさ。
A がっかりしたなあ。もうやめちゃおうかな。
B そんなこと言うなよ。

课程讲解

一、連体詞「ちょっとした」(本文)
ちょっとしたものを持って、近所の人にあいさつに行く。
(1)表示普通、常有、微不足道。
ちょっとした風邪。
轻微的感冒。
ちょっとした財産。
一点儿财产。
(2)表示相当、颇。
ちょっとした料理店。
满好的饭馆。
この絵はちょっとしたものだ。
这画挺好。

二、「…を通して」表示手段(本文)
日本人はさまざまな共通点を通して強い集団意識で結ばれている。
表示通过某种手段方法。
現象を通して本質をつまむ。
通过现象抓住本质。
書物を通して外国を知る。
通过书本了解外国。

三、形式体言「うえ」(本文)
生活や仕事の上での苦労を話し合うと、……
(1)「体言+の+うえで(は)」表示某一方面。
山本君と勉強の上での競争相手になった。
和山本成了学习上的竞争对手。
健康のうえでは別に問題はない。
健康方面没有什么问题。
(2)「用言連体形(体言+の)+上に」表示累加。
道に迷ったうえに雨に降られた。
迷了路,而且又被雨淋了。
新しいワープロは簡単なうえに、スピードも速い。
新的文字处理机操作简单,而且速度快。
(3)「動詞過去式(体言+の)+上で」表示「…てから」。
詳しいことはお目にかかったうえで、またご相談いたしましょう。
详细情况等见了面再商量吧。
野菜は五分間煮たうえで味をつけます。
蔬菜煮了五分钟之后再上味道。
(4)「動詞過去式+うえは」表示既然……就……,「からには」。
大学を受験すると決めたうえは、しっかりやろう。
既然决定考大学了,就要努力考上。
こうなったうえはしかたがない。
已经变成这样了就没有办法了。

四、「に」表示并列、添加(会話)
四か月分の家賃に公益費で、ええと…
并列助词「に」接在体言后面,可表示并列或添加。
黒のスーツに黒のネクタイの男が突然訪ねてきた。
有个黑西服上戴着条黑领带的男人突然来访。
日本では朝ごはんはご飯に味噌汁ぐらいですます家が多い。
在日本,很多家庭早饭只是吃点米饭加上酱汤。

五、形容詞「つまらない」(会話)
これはつまらないものですが。
可表示没价值,不值钱;又可表示无聊,无意义。
つまらないことでけんかしてしまった。
为了点儿小事吵了起来。
君たちのような若い人たちが人生をつまらなく思うとは、とても信じられない。
像你们这样的年轻人会觉得人生无意义,简直令人无法相信。

六、「ながら」表示虽然……却……(応用文)
お互い近くに住みながら、とうとう昨年は一度もお逢いできぬままでした。
接续助词「ながら」有顺态和逆态两种用法。可根据前有两项事项的内容来判定。
すぐ近くまで行きながら、母の家に寄らずに帰った。
到了附近却也不顺便去一下母亲家就回去了。
狭いながらもやっと家を一軒手に入れた。
房子虽然小了些,却总算弄到了一间。
その子はいやいやながら、庭の掃除を始めた。
那个孩子虽然不愿意,还是开始打扫了院子。

七、慣用語「途方に暮れる」(応用文)
初めは途方に暮れたこともありましたが、……
表示想不出办法,走投无路。
親に死に別れて途方に暮れた彼女はしかたなくて親類の家の世話になった。
她失去了父母,实在是无路可走,只能投奔亲戚家。
どのように教えたら、学生が速く覚えられるか、日本語を教えている私は途方に暮れてしまった。
怎样教才能让学生快速记住呢?教日语的我想不出办法来。

八、名詞+並み(応用文)
今はどうやら人並みに実務が処理できるようになった。
(1)表示排列。
通りに面した家並みはさまざまな店になってしまった。
街对面的一排房子都开起了各种各样的店铺。
きれいな毛並みですね。
多好的毛色啊。
(2)表示同样。
如:人並み、例年並み、家族並み、親戚並み、世間並み。
例年並に忘年会をやりました。
和往年一样举行了忘年会。
林さんの家族はとても親切で、私を家族並みに扱ってくれました。
小林的一家很热情,待我象自己家里人一样。

九、副詞「とかく」(応用文)
とかくご無沙汰をつづけ、……
(1)表示这个,那个。
とかくするうちに日が暮れた。
干干这,干干那,不知不觉地就天黑了。
人のことをとかく言う前にまず自分に間違ったところがないかを反省すべきだ。
在责备别人这个那个之前,先要检查一下自己有没有错。
(2)表示往往,动不动就。
年のせいか、私は最近とかく風邪を引きやすい。
大概是年龄的关系吧,我近来动不动就感冒。
人はとかく自分より他人の欠点によく気がつくものだ。
人往往更容易看到别人的缺点。
(3)表示总之,反正。
とかく世間はうるさいものだ。
总而言之人世间是烦心的。
とかく健康がすぐれない。
总之健康情况不佳。

本课词汇
交際(こうさい)(名 自サ)〇 交际,交往
引越し(ひっこし)(名 自サ)〇 搬家
近所(きんじょ)(名)① 近邻,附近
引越しそば(ひっこしそば)(名)⑤ 搬家后送给邻居的荞麦面条
出産(しゅっさん)(名 自他サ)〇 出生,生育
成人(せいじん)(名)〇 成人
見舞い(みまい)(名)〇 探望,慰问
込める(こめる)(他一)② 集中,贯注;包括在内
喜び(よろこび)(名)③④ 高兴,喜悦
分かち合う(わかちあう)(他五)〇 分享
悲しむ(かなしむ)(他五)③ 悲伤
公式(こうしき)(名)〇 公式,正式
果す(はたす)(他五)② 实现,实行
明ける(あける)(自一)〇 终了,结束
暑中見舞い(しょちゅうみまい)(名)④ 暑期问候
共通点(きょうつうてん)(名)③ 共同点
世代(せだい)(名)①〇 世代,一代
繋がり(つながり)(名)〇 联系,连接
和(わ)(名)① 和,和气
保つ(たもつ)(他五)② 保持,维持

目黒(めぐろ)(専)① (地名)
畳(じょう)(接尾)① 块,张(计算草席量词)
水洗(すいせん)(名 他サ)〇 水洗
付き(つき)(名)② 附带
礼金(れいきん)(名)〇 酬谢金
敷金(しききん)(名)② 押金
不動産(ふどうさん)(名)②〇 不动产
物件(ぶっけん)(名)〇 物件,物品
張り紙(はりがみ)(名)〇 贴纸
ダイニング(名)① 用餐(dining)
キッチン(名)① 厨房(kichen)
ダイニング キッチン(名)⑥ 餐室兼厨房
共益費(きょうえきひ)(名)④ 住房公共负担费用
バス(名)① 浴室(bath)
大家(おおや)(名)① 房东
引越す(ひっこす)(他五)③ 搬家
田舎(いなか)(名)〇 乡下
心遣い(こころづかい)(名)④ 关心,操心

皆皆様(みなみなさま)(代)② 「みなさま」的强调说法
多幸(たこう)(名)〇 多幸,幸福
幸多き(さちおおき)(名)① 多幸
申し上げる(もうしあげる)(接尾)同「いたす」
越年(えつねん)(名 自サ)〇 过年
日頃(ひごろ)(名)〇 平时,平日
何かと(なにかと)(副)①〇 各方面
何卒(なにとぞ)(副)〇 请
先輩(せんぱい)(名)〇 前辈
上役(うわやく)(名)〇 上级
謹しんで(つつしんで)(副)③ 谨,敬
祝詞(しゅくし)(名)〇 贺词
旧年(きゅうねん)(名)〇 去年
一方ならぬ(ひとかたならぬ)(組) 特别,格外
厚情(こうじょう)(名)〇 深情
御礼(おんれい)(名)〇 致谢
本年(ほんねん)(名)① 今年
旧(きゅう)(名)① 陈旧;往昔
賜る(たまわる)(他五)③ 赐予
機嫌(きげん)(名)〇 心情,情绪
麗しい(うるわしい)(形)④ 美丽,好
とかく(副 自サ)〇 往往,总之
偏に(ひとえに)(副)② 诚心诚意;完全
平素(へいそ)(名)① 苏日,平常
賜(たまもの)(名)〇 恩赐
鞭撻(べんたつ)(名 他サ)〇 鞭策,鼓励
切に(せつに)(副)① 恳切地
同輩(どうはい)(名)〇 同事,年龄相仿的人
重ねる(かさねる)(他一)〇 重叠
燃やす(もやす)(他五)〇 燃烧;激发
初春(しょしゅん)(名)〇 初春
間柄(あいだがら)(名)〇 关系,交情
恩師(おんし)(名)① 恩师
揃い(そろい)(名)②〇 聚在一起
上京(じょうきょう)(名 自サ)〇 上京城
初(はつ)(名)② 首次
実社会(じっしゃかい)(名)③ 现实社会
世事(せじ)(名)① 世事
疎い(うとい)(形)② 生疏
途方(とほう)(名)〇 方法,道理
途方に暮れる(とほうにくれる)(組) 想不出办法;走投无路
どうやら(副)① 好容易才;仿佛
人並み(ひとなみ)(名 形動)〇 普通,一般
実務(じつむ)(名)② 实际业务
年始(ねんし)(名)① 年初
かたがた(接尾)② 顺便,同时
早々と(はやばやと)(副)③ 极早的,早早的
恐縮(きょうしゅく)(形動 自サ)〇 过意不去
健やか(すこやか)(形動)② 健壮
由(よし)(名)① 据说,听说
年頭(ねんとう)(名)① 年初