您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 日语入门 > > 正文

新编日语4第四课

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-12-27

新编4第四课早く早く
本文
  軒を並べる本屋にさまざまな雑誌がある。月刊誌、季刊誌。特に多いのは月刊誌であるが、たいてい実際より早く出る。十月号が出るのは十月でなくて九月である。時には八月のうちに出たりする。中の記事はすべて十月にふさわしい記事である。「十月の料理」「秋のおしゃれ」「スポーツの秋」「読書の秋」等等。読み終わって目をあげると、真夏の太陽がギラギラと光っている。テレビのコマーシャルも早め早めに出る。まだ暑いうちから、「そろそろ寒くなりますから、暖房器具のご用意を」と呼び掛ける。正月が終わるやいなや、ひな人形の宣伝が始まる。マスコミが四季の移り変わりを早め早めに教えている。現実の季節とマスコミの季節と、二つの季節を同時に経験する生活は、精神的にいそがしく、疲れる。
  ある心理学者の調査によると、母親が幼児に対して使う言葉で最も頻度が高いのは「早く」だそうである。「早く起きなさい」「早く食べなさい」「早く着がえて」「早く帰るんですよ」と母親は幼児を急き立てる。今や幼児だけでなく、成人までマスコミの「早く早く」にせき立てられている。「急がないで、ゆっくり」という声を耳にすることはあまりも少ない。

会話
(一)
知人の会話。電車のフラットホームで出会った男女。Aは男、Bは女。
A それ、何の雑誌ですか。
B あ、これ、料理の雑誌です。
A おいしそうな料理の写真がたくさんのっていますね。
B ええ、きれいでしょう?
A 十一月の料理——え、まだ九月の終わりじゃありませんか。
B そうですね。でも、雑誌ってみんな早く出ますからね。
A それにしても、ちょっと早すぎますね。
B そうですね。
A あまり早いと、実際と合わないじゃないでしょうか。
B そうですね。おしゃれの記事なんか、変に感じることありますよ。
A たとえば?
B 少し涼しくなったと思うころ、毛皮のコートの写真がのっていたり。
A なんだか宣伝にせき立てられてるみたいですね。
B ええ、テレビのコマーシャルもそうですものね。
A そうそう、お母さんが小さい子供に言う言葉で、一番よく使うの、何だと思いますか。
B さあ……
A 「早く」だそうです。
B そういえば、母親ってよく小さい子供に「早く早く」って言いますね。
A ぼくも子供のころよく言われたと思いますよ。
B わたしたち、子供のころからせき立てられるのになれてるのかも知れませんね。
A そうですね。あ、電車が来ました。
B いまにアナウンスがありますよ、「お早くお乗り下さい」って。
A そうですね。急ぎましょう。

(二)
夫婦の会話。それぞれ新聞を読んでいる。
妻:あら、これ、見て。
夫:なに。
妻:これ、これ。
夫:この冬の暖房器具、お買い得……。
妻:ええ。
夫:まだ涼しくなったばかりじゃないか。
妻:でも、もういろんな冬のもの宣伝してるわ。テレビなんもっと前からよ。
夫:冬はまだまだ先だよ。
妻:まだ早いからといって、買って損をするわけじゃないでしょ。くさる物じゃないんですもの。
夫:そりゃそうだけど、あとになったら、もっと安くなるかも知れないよ。
妻:安くなるかも知れないけど、いい物がなくなってしまうかも知れないわ。
夫:この前もそう言ってワンピース買ってあとで安くなったといってがっかりしてたじゃないか。
妻:あれは例外よ。
夫:とにかく、宣伝にのせられるのは損だよ。もう少し待とうよ。
妻:急に寒くなったらどうするの。
夫:そのときはがまんするさ。
妻:そう。じゃ、厚いセーターでも買っておこうかしら。
夫:ぼくもほしいな。
妻:いえ、我慢強い人はいらないでしょ。

応用文

忙しい毎日

  朝七時半、市内へ向かう道路は、通勤の車でもう込み始めている。今日一日のストレスの始まりだ。この間のように高速道路で事故でも起これば、会社に着くのが一時間以上は遅れてしまう。そんなことを考えているといらいらし、ついたばこに手が行く。そうだ、医者に早くたばこをやめるように言われていた。信号で止まった。鏡に映った後ろの車の男もたばこを吸っている。彼もやっぱりストレスで胃が痛むことがあるのだろうか。
  今日も急いで出かけてきた。起きるとすぐ、トーストにコーヒーの簡単な朝食を済ませ、朝刊にさっと目を通し、家を出る。子供たちはまだ昨日の晩帰ったときと同じようによく眠っていた。子供たちの顔がゆっくり見られるのは一週間に一度ぐらいしかない。それなのにその大事な休みの日さえも会社のゴルフなどでなくなってしまうことが少なくない。
  昨日も忙しい一日だった。午前中は、いろいろな手紙やレポートなどを読んだりして終わってしまった。午後は昼食をとりながら会議が一つ。客と契約が済む。次にまたほかの会議。事務所での仕事はこれで終わりだった。五時半、部長の代理で「中小企業 青年経営者セミナー」の会議に出るため、会社の近くのホテルへ行く。会議の途中で、約束のあった客を迎えに部下と一緒に駅へ向かう。客に会って食事をし、その後はいつものネオン街へ。接待は嫌なものだ。本当はやりたくないのだが、これも商売をうまくやるための一つの潤滑油なのだからとあきらめている。十二字近く、客をタクシーに乗せ、自分も別のタクシーを拾った。タクシーを拾うのにひどく時間がかかった。みんなが競争のようにしてタクシーに乗っていく。家が遠いのはだれでも同じなのだ。三年前に都心から電車で一時間半ほどの所にある一戸建ての公団住宅が当たって、やっと手に入れた家に向かう。会社に近い社宅に住めばずっと便利なのだが、子供たちを少しでも広い所で育てたいと思うと、これも我慢しなければなるまい。今の給料では家のローンを払うのも大変だ。この物価高の世の中、家族を支えていくのも楽ではない。この間買った宝くじでも当たればなあ。——午前一時前やっと家に着いた。妻の出してくれた茶漬けをすする。一日で一番落ち着く時間だ。しかし、これだけでは十分なストレス解消にはならないのだが。
  …おっと、後ろの車がクラクションを鳴らしている。信号は青に変わっていた。おいおい、お互い様じゃないか。そんなにいらいらしたところで早く行けるわけじゃない。さあ、今日も一日がんばろう。

ファンクション用語
謙遜
朱:黄さん、きょうのスピーチ、すばらしかったですね。私なんかとてもできませんよ。
黄:そんなことないよ。
朱:いえ、本当に勉強になりました。
黄:そんなに言われるとてれちゃうなあ。
朱:その準備はたいへんだったでしょうね。
黄:いや、それほどでもないよ。

単語
軒(のき)(名)〇
軒を並べる(組)
本屋(ほんや)(名)①
週刊誌(しゅうかんし)(名)③
季刊誌(きかんし)(名)②
お洒落(おしゃれ)(名 形動)②
ギラギラ(と)(副 自サ)①
暖房器具(だんぼうきぐ)(名)⑤
呼び掛ける(よびかける)(他一)④
移り変わり(うつりかわり)(名)〇
経験(けいけん)(名 他サ)〇
精神的(せいしんてき)(形動)〇
心理学者(しんりがくしゃ)(名)④
母親(ははおや)(名)〇
幼児(ようじ)(名)①
頻度(ひんど)(名)①
着替える(きがえる)(他一)③
急き立てる(せきたてる)(他一)〇
耳にする(組)②

毛皮(けがわ)(名)〇
損(そん)(名 自サ)①
ワンピース(名)③
例外(れいがい)(名)〇
兎に角(とにかく)(副)①
乗せる(のせる)(他一)〇
我慢強い(がまんづよい)(形)⑤

苛苛(いらいら)(副 自サ)①
映る(うつる)(自五)②
痛む(いたむ)(自五)②
トースト(名)①
朝刊(ちょうかん)(名)〇
それなのに(接)③
ゴルフ(名)①
契約(けいやく)(名)〇
事務所(じむしょ)(名)②
部長(ぶちょう)(名)〇①
代理(だいり)(名 他サ)〇

中小企業(ちゅうしょうきぎょう)(名)⑤
セミナー(名)③
ネオン(名)①
商売(しょうばい)(名 自他サ)①
潤滑油(じゅんかつゆ)(名)④
諦める(あきらめる)(他一)④
拾う(ひろう)(他五)〇
一戸建て(いっこだて)(名)③
公団住宅(こうだんじゅうたく)(名)⑤
社宅(しゃたく)(名)〇
宝くじ(たからくじ)(名)③④
茶漬け(ちゃづけ)(名)〇
啜る(すする)(他五)〇

(感谢 xzbaszy 输入课文和单词)

一、軒を並べる(本文)
軒を並べる本屋にさまざまな雑誌がある。
「軒」是屋檐的意思。「軒を並べる」是房屋鳞次栉比的意思。也可以说「軒をつらねる」。
通りの両側には店が軒を並べていて、毎日買い物の人でにぎわっています。
马路两侧的商店鳞次栉比,每天挤满了购物的人,非常热闹。
バンドは銀行が軒が並べていて、市の金融中心である。
码头那条路的银行鳞次栉比,是市里的金融中心。

二、…やいなや(本文)
正月が終わるやいなや、ひな人形の宣伝が始まる。
「やいなや」接在动作性、变化性、瞬间性动词的终止形后面,表示继起。后项动作往往不用意志、命令、推测、否定等结句。
桜の花が咲くやいなや、雨が降って散ってしまった。
樱花刚开,因为下雨而凋谢了。
老人は風呂から上がるやいなや、倒れたそうだ。
听说老人刚洗完澡,就摔倒了。

三、耳にする(本文)
「急がないで、ゆっくり」という声を耳にすることはあまりにも少ない。
表示听到。
そんな話を、今でもときどき耳にする。
那样的话,现在有时也能听到。
彼のうわさを耳にしましたか。
你听到过有关他的流言吗。

四、「なんだか」と「なんとなく」(会話)
なんだか宣伝に急き立てられてるみたいですね。
(1)なんだか
原意为「それが何だかわからない」。由此派生出两种用法。一是表示外部事物或者现象产生的原因不明。二是由于某种尚不明白的原因、理由、对象的作用,产生了某种感觉。
何だかいやな予感がする。
总有种不好的预感。
何だか急に気がいらいらしてきた。
不由得突然急躁起来。
(2)なんとなく
表示不知为何但隐隐有某种感觉,不知道为什么总觉得。
なんとなく悲しくなって涙がこぼれる。
不由得悲伤起来,落下了眼泪。
あなたの気持ちがなんとなく分かるような気がする。
我好像有点明白你的心思了。

五、…からといって(会話)
まだ早いからといって買って損をするわけじゃないでしょう。
表示“虽然说是……但是……”。后项常用「とは限らない」「わけではない」等表示否定、反问、禁止的表达方式。
簡単に見えるからといって、すぐにできるとは限らない。
虽然看上去简单,但是不一定马上就会做。
体が丈夫だからといって、衛生には注意しないわけにはいかない。
虽然说身体很好,但是不注意卫生也是不行的。

六、動詞「乗せる(載せる)」(会話)
とにかく宣伝にのせられるのは損だよ。
(1)放到……上。一般写成「載せる」。
できあがった牛肉をご飯の上に載せました。
把煮好了的牛肉放在饭的上面。
使わないものを棚に載せました。
不用的东西放到了架子上。
(2)装载,使……搭乘。
荷物はあまりにも大きいですから、自転車の後ろに載せられないかもしれないよ。
因为行李太大了,也许车子后面装不下。
車は修理に出しているから、今日は君の車に乗せてくれないかな。
因为我的车子拿去修了,今天是否能搭你的车呢?
(3)表示诱骗,阴谋陷害。一般写成「乗せられる」。
あの人の話に乗せられて大きな損をした。
上了他的当,受到了很大的损失。
マスコミの宣伝に乗せられてこんな贅沢なものを買ったわけだ。
听信了广告宣传,才买了这样的奢侈品。
(4)载入,登载。一般写成「載せる」。
私の名をその記事に載せないようにしてください。
请不要把我的名字登在那篇报道上。
あの雑誌に先生の書いた論文が乗せてあります。
那本杂志上登载了老师写的一篇论文。

七、「つい」「うっかり」「思わず」(応用文)
そんなことを考えているといらいらし、ついたばこに手が行く。
つい(副)
(1)表示本能地或习惯性地做出不该做的事。
友達の家へ行くと、つい飲みすぎてしまう。
我一去朋友家,就会不知不觉地喝过头。
笑ってはいけないと思っていながら、あまりおもしろかったのでつい笑ってしまった。
我知道不该笑,但实在是太有趣了,不由得笑起来了。
(2)表示主观判断时间、距离相隔不远。
つい二、三日前に会ったばかりです。
就在二,三天前见过面。
ついそこまで買い物に出かけました。
去这附近买东西了。
うっかり(副 自サ)
表示由于不留神,不小心而做了某事。
急いでいたので、うっかり本を家に置いて来てしまった。
匆匆忙忙来的,所以不留神把书忘在家里了。
触ってはいけないと言われていたのに、うっかり触ってしまった。
叫我不要碰的,我却不小心碰了。
思わず
一般用于某个具体场合,一次性的瞬间动作。一般表示由于恐惧、兴奋、感动等而不由自主地做了某事。
ボールが飛んできたので、思わず首を引っ込めた。
球飞了过来,我不由自主地缩了头。
あまり恐ろしくて思わず隣に座った李さんの手をしっかり握ぎってしまった。
太恐怖了,不由得紧紧握住了坐在旁边的小李的手。

八、「手に入れる」と「手に入る」(応用文)
三年前に一戸建ての公団住宅があたってやっと手に入れる。
两者都表示到手,获得。「手に入れる」是他动词用法,「手に入る」是自动词用法。
町の古本屋で珍しい本を手に入れた。
在街上的旧书店里买到了一本少见的书。
いろいろ工夫してやっと必要な研究費を手に入れた。
经过多方筹措,好不容易才弄到了必要的研究经费。
前から欲しい欲しいと思っていた本がやっと手に入った。
早就想要的书总算弄到手了。
これは手に入りやすい。
这个好弄。

九、(た)ところで…(ない)(応用文)
そんなにいらいらしたところで早く行けるわけじゃない。
一般用于口语。
(1)表示即使做了前项动作,结果也是无益的。常和「いくら」「たとえ」等呼应使用。 これ以上議論したところで、結論が出ないだろう。
即使再谈下去,也不会得出结论的。
どんなに催促したところで、今日中にできるはずはない。
不管在怎么催,今天也是做不出来的。
(2)表示无论程度还是数量都是微不足道的。
遅れたところで、二、三分だろう。
即使迟到了,也不过是二、三分钟吧。
泥棒に入られたところで、取られるものは布団ぐらいしかない。
就是小偷进了屋了,偷掉的也只是被子之类的东西。

新编日语4第四课早く早く