您现在的位置: 主页 > 其他语种 > 日语 > 留学日本 > > 正文

日企申请离职时的注意事项

作者:admin    文章来源:盐田区外国语学校    更新时间:2017-11-01

日企离职申请指南:円満退職のために 为了圆满离职


まずは円満退職する事が大原則です。首先,大原则是圆满地离职。

自分の都合も大事ですが、お世話になった会社への影響は最小限にすることが社会人としての基本です。ゆとりある日程を組み、誠意をもって上司に相談しましょう。


自己的安排固然重要,但是作为社会一员,把对曾经任职的公司的影响降到最低是基本常识。安排一个空闲的日程,带着诚意和上司谈谈吧!


業務に差し支えないように、退職日を決め、退職願を提出します。


决定离职日期、提出离职意愿也要做到不妨碍公司的业务。

 

民法上は意志表示をしてから2週間以上あれば退職は可能ですが、就業規則にのっとって相談して決定するのが望ましいでしょう。目安として、退職意志表示から退職までの期間は1ヶ月程度と考えましょう。


民法上说提出申请2周之后便可以离职了,但是大家都希望依据工作守则,协商之后就能马上决定离职吧。请把一个月作为基准来考虑从提出申请到最终离职的这段时间长吧。


その上で内定後入社日を考え、内定先企業と調整することが重要です。


在做完上述工作的基础上再考虑内定之后的入职日,并与内定企业进行调整。

 

退職の意思表示に関する注意事項


在申请离职时的注意事项


1、内定をもらってから意思表示

退職の意思表示は、必ず内定をもらってからにしましょう。(万が一内定がでない時はつらくなります。

①、获得内定之后再申请

一定要在获得别的企业的内定之后再申请离职。(如果没有获得内定而贸然申请离职,在这家公司的日子会不好过的。

2、辞职时间

最清楚退职后会对公司产生什么影响的人是自己。所以,请事先考虑好能结束自己手头上的工作的时间,再考虑离职。


②、退職時期

自分が退職することによる会社への影響は自分が一番知っています。業務の切れの良い時期を考えて退職を考えておきましょう。その上で上司と相談するのが良いでしょう。ただ影響がなくなる事はありません。最も良い時期を選ぶ事は大切ですが、ある程度の割り切りは必要です。


3、退職の意志表示は直属上司から

まず直属上司に口頭で退職の意思を伝えましょう。安易に周囲へ伝えることで、退職することが噂として上司に伝わるのは失礼にあたります。


③、直接向直属上司表明辞职意愿(不要事前随便在同事面前说)

首先向自己的直属上司口头表达自己的辞职意愿吧。如果随便在同事面前提及辞职想法并且传到了上司的耳朵里的话是相当失礼的。

4、退職理由に会社や上司への非難は厳禁

退職理由で会社の非難や不満は避けるべきです。ここは無難に「夢の実現」など個人的な理由にしたほうがお互いに気持ち良いです。


④、绝对不能在退职理由里填写对公司和同事的责难

应该避免在退职理由里出现对公司的责难和不满。理由写诸如“为了实现梦想”之类的个人理由的话双方都会好过.